横文字の島

Ile de l'alphabet ~ ある翻訳者の備忘録

【新刊】科学捜査とエドモン・ロカール  フランスのシャーロック・ホームズと呼ばれた男

『科学捜査とエドモン・ロカール フランスのシャーロック・ホームズと呼ばれた男』
ジェラール・ショーヴィ著  寺井杏里訳  鳥影社

 現在の科学捜査の礎を築いた、フランスの犯罪学者エドモン・ロカール(1877-1966)の伝記であり、同時に、科学捜査の歴史を伝える一冊。

 

 彼の名前は科学捜査を紹介した本に必ず登場し、<ロカールの法則>または<ロカールの交換原理>はドラマやミステリで引用される。

続きを読む

ドラマ ハリー・パーマー 国際諜報局

<あらすじ>
 1960年代。英国の原子物理学者ドーソンが拉致された。ロシアに連れ去られた可能性がある。奪還を命じられたドルビー少佐は、汚れ仕事にうってつけのハリー・パーマーに目をつける。刑務所から出す代わりに、東側の人物と接触させるのだ。

続きを読む