横文字の島

Ile de l'alphabet ~ ある翻訳者の備忘録

不思議の国のアリス展@静岡

 だいぶ前になりますが、「不思議の国のアリス」展を見てきました。

www.alice2019-20.jp 

 ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』、『鏡の国のアリス』は、19世紀に発表された英国の児童文学ですが、オリジナルのジョン・テニエル版だけでなく、世界の色々な画家が描いた挿絵も展示されていました。

  時代も違えば画家の出身国も違い、「え、これもアリスなの!?」と思うぐらい、多種多様。かわいらしい絵柄もあれば、グロテスクな絵柄も。

 

 たとえば、ヘレン・オクセンバリーの描いた現代版だと、アリスの服装がノースリーブワンピ(ひざ丈より上?)と、かなりカジュアル。他にも『はらぺこあおむし』のエリック・カール、映画監督でもあるヤン・シュヴァンクマイエル草間彌生山本容子など、幅広い。

f:id:Iledelalphabet:20200305140243j:plain

 

f:id:Iledelalphabet:20200305140333j:plain

  絵葉書は山本容子の<Hop, Step, Hop, Step>
  ウサギがユーモラスでかわいらしい


 「リアル脱出ゲーム」とコラボしていて、会場内にはゲームの仕掛けがありました。この日は見かけませんでしたが、別の日に行けば、ゲームの参加者がいたかも。

 会場の一部は、写真撮影OKになっていました。

f:id:Iledelalphabet:20200303103654j:plain

 

f:id:Iledelalphabet:20200303105123j:plain


 日本でのアリスのイメージは、以前だったらディズニーアニメの影響が大きかったと思いますが、近年だとティム・バートンの実写映画が良い意味でイメージを刷新してくれた気がします。今回、展覧会を「見に行ってみようか」と思い立ったのは、ティム・バートンの映画を見ていたから、かな。

f:id:Iledelalphabet:20200305204822j:plain


 えっ、なんで関東の人間がわざわざ静岡まで行ったかって?
 そりゃ、去年横浜でやってたのを見逃したんだよ。
 新潟までトーベ・ヤンソン展を見に行った時と同じパターンだよ。
 ついでに建築とマンホールも見てきたよ ( •̀∀•́ ) ✧ドヤ (←いばるな)