横文字の島

Ile de l'alphabet ~ ある翻訳者の備忘録

産業(実務)翻訳者になるには 3

前々回(こちら)、前回(こちら)の続き。

目次
1:翻訳の通信講座で学ぶ
2:翻訳学校に通う
3:チェッカーとして働く
4:その他

 

第3回は「4:その他」として、チェッカー以外で、翻訳業務の未経験者が仕事を探す方法について書いてみます。

 

4:その他

・未経験者可の案件を探す
 前々回もちらっと書きましたが、数は少ないですが、このような求人は見かけます。内訳はこんな感じ。

 

 -高い専門性が要求されない分野、少量のもの
  TRADOSなど翻訳支援ツールを使用しないもの

  この辺りは、最近はクラウド翻訳に流れているという印象です。
  反対に、大量の文書だと、何人も翻訳者やチェッカーを確保する必要があり、翻訳会社の出番となります。翻訳支援ツールを使用する場合も同様。

 

 -特許や医薬など特定の専門分野
  翻訳経験よりも、専門知識・用語に通じていることが望ましい場合。 

 

 -希少言語(マイナー言語)のため、できる人が少ない

 

 -新人を育てたいというケース
  オンサイト勤務で時々見かけます。最初はチェッカーやPM(プロジェクトマネージャー)、周辺業務から始め、徐々に社内翻訳を任せるなど。 
 
・英語を使う周辺業務から入る
 オンサイト勤務の場合、英文事務とか英語を使う周辺業務で簡単な翻訳を任されるケースもあります。

 派遣の場合、事前に業務内容を確認しましょう。翻訳に多少なりとも携われる……と思っていたのに、実際は担当することがなかった、ということもあります。翻訳業務に限りませんが、「求人情報と違う!」ケースに注意を。

 

・ボランティアで経験を積む
 無償ですが、経験を積むことができます。翻訳実績表に書いてもOK。

 

・知り合いからの依頼

 過去の記事:仕事の依頼は、知り合いからも - 横文字の島

 

 以上、翻訳業務の未経験者が仕事を探す方法を挙げてみました。もちろん、これ以外の方法もあるでしょうし、留学や海外駐在から帰国して、いきなりどーんと応募する方もいるでしょう。

 

 反対に、あまりお勧めしない方法も書いておきます。

 最近では「クラウドワークス」や「ランサーズ」など、単価の安い(安すぎる)翻訳の求人、いわゆる「クラウド翻訳」も見かけます。翻訳会社経由の求人と比べて、経験を問われなかったり、初心者には手を出しやすいため、「ここで経験を積んで翻訳実績表に書こう」と思う人もいるでしょう。

 ですが、素人のお小遣い稼ぎには丁度良いのでしょうが、プロを目指す方にはお勧めしません。一度試しに挑戦してみるのは自由ですが、長居するところではありません。

 理由は、翻訳料が激安だから。翻訳会社経由の案件と比べて単価が安すぎる。それでも、誤訳やミスは許されない。労力の割に報われない世界です。『翻訳というおしごと』(実川元子著)にも書いてありますので、一読をお勧めします

(記事:翻訳というおしごと 翻訳者に「未来」はあるか? - 横文字の島)。


 以上、3回にわたってつらつらと書いてきました。偉そーに書いてますが、私自身、今でも毎年どこかしらトライアルに応募しています。参考になれば幸いです。

 

第1回:産業(実務)翻訳者になるには 1 - 横文字の島

第2回:産業(実務)翻訳者になるには 2 - 横文字の島

 

翻訳というおしごと (アルク はたらく×英語)

翻訳というおしごと (アルク はたらく×英語)