横文字の島

Ile de l'alphabet ~ ある翻訳者の備忘録

アーカイブ:スイス・リュサン ホームズ博物館

 過去に他の媒体で発表した記事を紹介する「アーカイブ」シリーズ。フランス編に続き、スイス(仏語圏)編を紹介します。

 サイドバー右側の「アーカイブ」カテゴリをクリックすると、フランス編の一覧が表示されます。

 

 ***********************************

 

ホームズ博物館(スイス・リュサン)
Musée Sherlock Holmes ― Lucens

スイス情報.com(日本語)

シャーロック・ホームズ博物館・Musée Sherlock Holmes ( Vaud ) | スイス情報


ホームズ博物館公式サイト(トップページは仏英独)

Musée Sherlock Holmes - Commune de Lucens

 

 開館日時などは上記サイトを確認のこと。変更になる可能性もあるので、確実に訪問するなら、事前に問い合わせる方が安全かも。

 また、オープン直後の2001年は写真撮影OKでしたが、現在は不明です。

f:id:Iledelalphabet:20170725155017j:plain

後ろはリュサン城
手前の赤い屋根の家(メゾン・ルージュ)がホームズ博物館

 

f:id:Iledelalphabet:20170725155210j:plain

 

 アーサー・コナン・ドイルの息子エイドリアンが1965年にリュサン城を購入、移住した。父親から相続した家具・小物でホームズの居間を再現し、父親やホームズに関連のある展示物でホームズ博物館を開設した。 エイドリアンの死後もコナン・ドイル財団および城の購入者によって1985年まで博物館は公開されていたが、城の転売後、非公開となった。
 コナン・ドイル財団、城の所有者、リュサン市の間で交渉が行われた結果、展示物はリュサン城から「赤い家(Maison Rouge)」に移され、2001年夏に再び公開されることになった。スイスとフランスのホームズ団体がアドバイザーを務める。

 <フランス・スイス旅行記>「ホームズの世界 25」所収(2002年)より

f:id:Iledelalphabet:20170725155331j:plain

  パンフレットと、居間の写真のポストカード

 

ホームズの居間

 英米仏の音声ガイド付き。音声に合わせて展示物にスポットライトが当たる。ガラスごしに見るだけで居間には入れないが、ホームズの時代の家具・小物で構成される居間は見ごたえがあり、音声ガイドが終わってからもガラスから離れられなかった。これまでロンドン、スイスのマイリンゲンでホームズの居間を見てきたが、私見ではリュサンがベスト。ちなみに新聞も19世紀末のものという凝りよう(「切り裂きジャック」の挿絵だった気がする)。


f:id:Iledelalphabet:20170725155142j:plain

 

展示内容

 ドイル一家を偲ばせる遺品・愛用品が展示されていた。コナン・ドイル肖像画の下に愛用の椅子がおいてあったり、エイドリアン夫妻の胸像が飾ってあった。
 聖典に関連したものとしては、金庫に載った”まだらの紐”のホルマリン漬け、ヴァイオレット・ハンターの髪(ぶな屋敷)、拳銃などなど。地元のシャーロキアンが”スマトラの大ネズミ”の剥製を展示したいと言っていたが、果たして実現したかどうか。

 

f:id:Iledelalphabet:20170725155532j:plain

 

 書籍では、英仏の研究書が展示されていた中で、日本語の雑誌「世界感覚」が目を引いたが、キャプションはなぜか「ONDORI TSUSHIN」(雄鶏通信)だった。日本語の雑誌が複数あったので間違えたものと思われる。スイスのシャーロキアンに正しい名称を伝えたので、現在は直っている……はずである。

 

f:id:Iledelalphabet:20170726104709j:plain

  コナン・ドイル肖像画と、雑誌「世界感覚」

 

現在のお土産情報(ページの下半分)

Boutique Sherlock Holmes - Commune de Lucens

 

 スイスのリュサンに行ったのは、2001年の夏。ちょうどスイス・ロマンド・ホームズ研究会が設立された直後で、フランス・ホームズ協会の人から「スイスへ行くなら寄りなよ」と教えてもらった覚えがある。

 「スイス・ロマンド」は「スイスのフランス語圏」という意味。スイスの公用語はドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語の4つで、フランスに近いジュネーブローザンヌ、リュサンの辺りはフランス語圏。スイスには既にドイツ語圏にホームズ団体があったが、新しくフランス語圏にもできたという次第。

 この後、ローザンヌでスイス・ロマンド・ホームズ研究会のメンバーに会い、パリではフランス・ホームズ協会のメンバーに会った。スイスの方は、私と同行の友人と同世代ということで、なぜか日本のアニメの話で盛り上がった(「ハイジ」とか「マジンガーZ」とか……)。フランスの方は、その2年前の1999年にロンドンで会っていたので、皆と旧交を温めた。