横文字の島

Ile de l'alphabet ~ ある翻訳者の備忘録

英文履歴書を書く

 先日、英文履歴書を作成することになった。今後もこういうことがあるかもしれないので、メモしておく。

 必ずしもフリーランスに特化したものではないが、英文履歴書の書き方を指南するサイトを参照した(とても助かりました。ありがとうございます!)。

英文履歴書の書き方 - 英文履歴書の添削・作成 | イーレジュメ

日本の履歴書の英訳ではダメ?英文履歴書とはこんなもの - GMO QUICKTRANSLATE says……

 


 日本語だと、履歴書と職務経歴書、さらに、翻訳者の場合は翻訳実績表を提出するので書類は3種類になるが、英文履歴書はこれらをミックスして1つにまとめたようなものだろうか。

 最低限の形式はあるけど、それ以外はカスタマイズOK。

 今回、翻訳の仕事であることは確定なのだが、一応Objectを書いて、Summaryは省略した。Summaryが必要なのは、会社員の転職とか、何かアピールポイントがある場合なんじゃないかな。

 今回は応募先のHPにフォームがあり、それを埋めていく形でこちらの翻訳実績などを伝えたので、それほど詳細な履歴書は作成していない。もし、そういうものがなくて英文履歴書1つに収めるなら、PCや翻訳支援ツールなどの作業環境や、翻訳実績の項目を追加するのではないかと。

 語学留学については迷ったけれど、会社を辞めて行ったので職歴に1年ブランクがあるし、一応書いておいた。実際、留学後に翻訳会社へ入社しているし、職歴とまったく無関係ではないので(遊んでいたわけじゃないですよ~という意味でも)。

 会社によっては別途、カバーレターも必要なこともある。

 

広告を非表示にする