読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横文字の島

Ile de l'alphabet ~ ある翻訳者の備忘録

勝沼のワイナリー

ワイン

 写真を整理していたら、以前ワイナリーを訪問したときの写真が出てきた。
当時はブログを始める前で、「記録する」という意識が非常に薄く、ワインの
メモも細かくとっていない……。山梨のワイナリーは今後も訪れる予定なので、自分用に書いておく。

訪問:2014年6月
 勝沼駅からタクシーで「皆吉」に行き、そこから徒歩で周辺のワイナリーを回る。最後のワイナリーでタクシーを呼び、宿の「勝沼ぶどうの丘」へ。

 

 ワイナリーに空腹で行ったらえらいことになるので、最初に「皆吉」でほうとうを頂き、腹ごしらえ。混雑を避けたくて早目に行ったのだけれど、平日なので、急がなくても良かったかも。ワイナリーは小規模なところが多いので、お昼どきを避け、1時頃にワイナリーへ。

・グレイス・ワイナリー(中央葡萄酒)
 ツタが印象的な建物。2階の窓からは、周囲に広がるブドウ畑が見渡せる。
6月の梅雨の晴れ間で、緑が鮮やかだった。

f:id:Iledelalphabet:20151026143357j:plain

 

 カウンターでは、有料で試飲ができる。和食に合うものをということで、甲州を主に試飲させてもらい、何本か購入した。休日には、畑を見学できるツアーもある。HPはこちら

・大和葡萄酒
 写真がうまく撮れなかったので載せてないのだが(スミマセン)、こちらにも立ち寄った。

 係の方にカウンターで説明を聞きながら、試飲させてもらった。甲龍という、甲州ぶどうの原木があり、その百年樹とクローンから造ったワインだそう。国産ワインでは珍しい、スパークリングワインも生産している。古代甲州を購入。HPはこちら

 東京・日本橋に「Y-wine」という、山梨ワインが揃ったワインレストランがあるという話を伺った。一度行ってみたいな~。


ロリアン(白百合醸造
 ちょうどNHK朝ドラで「花子とアン」を放映中だったので、店内にはポスターが貼ってあった。さすが、地元・山梨! バスツアーも来るので、大きな駐車場が。この写真には写ってないが、入口にツバメの巣があって、ほほえましい。

f:id:Iledelalphabet:20151026143932j:plain


 ここでも白・赤と試飲しまくる。漫画「神の雫」に紹介された勝沼甲州などを買った。この漫画、まだ読んでいないのに……。ミーハーめ!

 各ワイナリーで何本かワインを買っていたのだが、最後にこちらでまとめて宅急便で発送。よそのワインも発送できました。ありがとうございました。HPはこちら

 この近くにもう1軒、「麻屋葡萄酒」があるのだが、今回は時間がなくて諦めた。またの機会に!

勝沼ぶどうの丘
 ここに来るのは2回目。代金を払うと地下セラーで試飲ができる。ワイン好きにはパラダイス! 試飲は前回体験したので、今回は売店に直行。ワインのほかにお菓子もあるので、お酒が飲めない親戚へのお土産も購入できた。

 敷地内に温泉施設がある。部屋のお風呂でも温泉が出るので、離れた浴場に行くのが面倒なときは、部屋で温泉を楽しめる。

 夕飯は展望ワインレストランで頂く。夜景がとてもきれいだった。昼間さんざん試飲したのに、「勝沼ワイン飲み比べセット」というのを見つけ、またも飲む。ディナーの食材は、地元山梨のもの。その土地のものを食べて、その土地のお酒を飲むというのが、当たり前のようで、とても贅沢だった。HPはこちら


 それにしても、購入したワインを自宅で開けるときはともかく、カウンターで試飲しながらメモをとるのは至難の技。ワイン愛好家の皆さん、どうされているんでしょう? 

広告を非表示にする