読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横文字の島

Ile de l'alphabet ~ ある翻訳者の備忘録

シャーロック・ホームズの気晴らし

ホームズ ルネ・レウヴァン 仕事―出版翻訳

シャーロック・ホームズの気晴らし」Les Passe-temps de Sherlock Holmes
ルネ・レウヴァン作 / 寺井杏里訳 国書刊行会
(2014年9月刊行)

 

第37回日本シャーロック・ホームズ大賞奨励賞を受賞

 

シャーロック・ホームズの気晴らし

シャーロック・ホームズの気晴らし

 

 

 刊行当時はブログを書いていなかったので、遅まきながら訳書の紹介です。新刊とは言いにくいですが、まだ出版から1年以内なのでご容赦を(寺井というのはペンネームです)。

 フランスの作家ルネ・レウヴァンは、ホームズ・パスティーシュを何作か発表しています。実は、フランスやベルギーでも色々な作家がホームズ・パスティーシュを書いているのですが、当たり外れが大きい。そんな中、フランスのシャーロキアンが評価する数少ない作家がこのレウヴァンなのです。

 日本では早川のポケミスから「そそっかしい暗殺者」(記事)が出ているくらいですが、フランス文学をやってる者の間では、知る人ぞ知る作家です。ホームズ以外にも、ジュール・ヴェルヌやE・A・ポー、フロベールパスティーシュを書いています。

 

 今回翻訳したのは、2冊の短編集「シャーロック・ホームズの気晴らし」「シャーロック・ホームズと動物」の合本です。いずれも聖典に題名だけ登場する”語られざる事件”。あまりに分厚くなってしまうこと、雰囲気が他の作品とまるで異なることから、最後の短編「赤いヒル」とエピローグは収録されませんでした。

 前半の「シャーロック・ホームズの気晴らし」は読む側の教養が試されそうな(気のする)、文学と歴史の詰まったミステリ。語り手はいつものようにワトソン。後半の「シャーロック・ホームズの動物」は動物にまつわるSFタッチのミステリ、しかもホームズがワトソンに語るスタイルです。なので、前半と後半で印象が変わります。

 原作は1980~90年代に発表されたので、最近のような「時代を現代に変えて」とか、「女性が主人公」とか斬新な設定はありません。むしろ、オーソドックス。フランス人作家の作品ですが、物語の舞台は英国です。

 とはいえ、随所にフランスの作家らしいところがちらほら。たとえば、短編「トスカ枢機卿の急死事件」には、当時フランスで話題となっていたドレフュス事件の話題が出たり、「煙草王ハーデンの脅迫事件」では、フランスの詩人ネルヴァルの謎めいた死をホームズが解明しようとしたり、「訓練された鵜」では英国の島国ぶりをこれでもか!と強調したり。

 シェイクスピアやマーロウにまつわる謎解きは、英文学好きには楽しいでしょう。密室ミステリ『ビッグ・ボウの殺人』の作者イズレイル・ザングウィルのような実在の人物も登場し、また、コナン・ドイル『失われた世界』のチャレンジャー教授も登場します。

 

「アドルトンの悲劇」
 ある日、若い女性がワトスンを訪ねてくるが、古文書を預けて立ち去る。彼女は事件に巻き込まれているらしいが、なぜホームズではなく、ワトスンに会いにきたのか? 一方、大英図書館で、米国からやってきた文学研究者と知り合う。ホームズたちは、現在の事件だけでなく、シェイクスピアをめぐる謎解きに関与することになる。

「トスカ枢機卿の急死事件」
 ユダヤ人学校の図書室で、バチカンからやってきたトスカ枢機卿が死んだ。現場は中から鍵がかかっており、密室状態。被害者は心臓が弱かったため、自然死と思われていたが、トスカ枢機卿の行動には不審な点があった。ワトスンは、ユダヤ人作家のイズレイル・ザングウィルと知り合う。キリスト教ユダヤ教をめぐる歴史上の謎にも踏み込むことに。

「煙草王ハーデンの脅迫事件」
 ホームズのもとを、ハーデン夫妻が別々に訪ねてくる。同じ依頼かと思いきや、夫妻の依頼内容はまったく異なるものだった。興味を持ったホームズは調査に乗り出すが、ハーデンの息子の友人で、ドイツ文学を愛する謎めいた男が現れ――。

「訓練された鵜」
 第一次大戦中の英国。引退していたホームズとワトスンは、再び冒険に乗り出し、スコットランドオークニー諸島へ向かう。ドイツとの内通が疑われる灯台守は、なぜか鵜を飼っていた。謎の美女が登場し、ホームズとワトスンは翻弄される。

スマトラの大ネズミ」
 船乗りのテオドルは、伯父を通じてホームズに手紙を届ける。手紙には、ロンドンで疫病が流行する恐れがあると書かれていた。当のテオドルも病原となる生物と接触し、シンガポールで療養しており、「事態を救えるのは、シャーロック・ホームズしかいない」と必死に訴えかけていた。その生物は、別の船でロンドンに向かったらしかった。

「イサドラ・ペルサーノと奇妙な虫」
 ホームズの前に、未亡人ベリル・ステイプルトンが現れる。「バスカヴィル家の犬」事件の後、コスタリカへ帰っていたが、同郷の新聞記者で決闘家のイサドラ・ペルサーノを助けてほしいと頼みにきたのだった。ある虫のせいで、彼はおかしくなってしまったという。ホームズは、科学者チャレンジャーの力を借りる。

 

【追記:レビューなど】
わりとまとまった分量のものを紹介。
読んでいただき、ありがとうございます m(__)m

見えない道場本舗

翻訳blog

読書メーター

・アメリア
 翻訳者・翻訳関連企業が参加する「アメリア」。私も会員です。事務局公式ブログのほか、毎月刊行される会報の「本の素顔」というコーナーでも紹介頂きました。アメリアには出版持込ステーションというシステムがあり、「本の素顔」にこれまで登場した会員の翻訳書は、持込の場合、このシステムを経由してのことが多かったと思います。

 今回は、出版持込ステーションを使わずに、自力で出版社を探し、企画を持込したケースなので珍しいかもしれない。これから翻訳出版したいという人の参考になればいいなあという希望をこめて。

出版社のサイトはこちら


 

 

広告を非表示にする