横文字の島

Ile de l'alphabet ~ ある翻訳者の備忘録

美術展

ポーの一族展@銀座松屋

漫画家・萩尾望都さんのデビュー50周年を記念して、「ポーの一族」原画展が開催された。 デビュー50周年記念 萩尾望都 ポーの一族展 公式サイト:朝日新聞デジタル

ムーミン展@森アーツセンターギャラリー

数年前にも、トーベ・ヤンソン展が開催された(記事:こちら)。今年のムーミン展は、埼玉県にムーミンバレーパークが出来たのと関係があるのかな。

クマのプーさん展@文化村

昨年、文化村で「くまのパディントン」展を見て(記事はこちら:くまのパディントン展@文化村 - 横文字の島)、なかなか楽しかったけど、原作うろ覚えで行ったのを後悔。今回は存分に楽しみたいので、事前に本を読み返してから見に行った。もちろん、石井桃…

サラ・ベルナールの世界展@群馬県立近代美術館

群馬県立近代美術館(高崎市)まで「サラ・ベルナールの世界」展を見に行った。 www.sunm.co.jp サラ・ベルナールは、日本ではミュシャのポスターで知られる、19~20世紀に活躍したフランス女優。彫刻や執筆も手掛け、プロデューサーでもあった。交流のあっ…

萩尾望都SF原画展@高崎市美術館

以前、東京・吉祥寺美術館で開催された展示が、群馬の高崎市美術館へ巡回。ちょうど他にも見たいものがあったので、猛暑の中、思い切って高崎まで行ってきた。 萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく | 高崎市

くまのパディントン展@文化村

今年は「くまのパディントン」が誕生して60周年。 原画に交じって、かわいいくまのぬいぐるみも展示されていた。色々なメーカーのものがあったけど、ダントツでかわいかったのが、ドイツ・シュタイフ社のぬいぐるみ!やはり、餅は餅屋、くまはくま屋だのう。

プラド美術館展

都心に出る用事があったついでに、上野の国立西洋美術館でプラド美術館展を鑑賞。 artexhibition.jp 若い頃、ヨーロッパ各地を放浪して色々な国の美術館に行ったけど、画家の作品が一番揃っているのは、やはり母国の美術館。マドリードはおろかスペインには…

パリジェンヌ展@世田谷美術館

世田谷美術館で開催中の「ボストン美術館 パリジェンヌ」展に行ってきた。紛らわしいけど、ボストン美術館の所蔵品を中心にした展示。 時代設定を18~20世紀と幅広くとってあり、ドレスとか、写真とか、絵画以外の作品も展示され、思っていたより絵画が少な…

フランス絵本の世界@館林

「フランス絵本の世界 KawaiiとB.D.(バンド・デシネ)の起源」群馬県立館林美術館 以前、「19世紀パリ時間旅行」展(こちら)でも蔵書を拝見したが、今度は鹿島茂さんのコレクションのうち、フランスの絵本が展示されている。ポスターを見ると、なかなかか…

19世紀パリ時間旅行展

「19世紀パリ時間旅行 失われた街を求めて」練馬区立美術館 www.neribun.or.jp フランスの首都パリは、最初から現在のような形ではなかった。多くの日本人旅行者が目にしてきたのは、昔ながらのパリではない。ナポレオン三世統治下だった19世紀に、知事・オ…

草間彌生展 「わが永遠の魂」

行ってからだいぶ日がたちましたが、国立新美術館で開催中の「草間彌生展」を見てきました。念願が叶って嬉しい! kusama2017.jp というのも、2012年に埼玉県立近代美術館などで開催された時は、せっかく友人が「良かったよ!」とお勧めしてくれたのに、行き…

カッサンドル・ポスター展 グラフィズムの革命

www.pref.spec.ed.jp アドルフ・ムーロン・カッサンドル(1901年~1968年)はウクライナにルーツを持つ、フランスのグラフィックデザイナー。数多くのポスターをデザインした。 彼の名前を知らなくても、沢木耕太郎「深夜特急」の表紙を描いた人と言えば、「…

デヴィッド・ボウイ展

雑誌「PEN」のデヴィッド・ボウイ特集を見て、「あ、これ、見逃したら絶対後悔するやつだ」と思い、行ってきた。天王洲アイルなんて、初めて行ったぞ。 davidbowieis.jp チケットは、事前に日時指定で購入しなくてはいけないので、直前まで天気予報とか仕事…

マリメッコ展@文化村ミュージアム

www.bunkamura.co.jp 先日、映画鑑賞のついでに、文化村ミュージアムのマリメッコ展に寄ってみた。有名なウニッコ(ポスターにもなった花柄)以外にも、歴代のデザイナーたちが考案したファブリックやドレスが展示されていた。日本人デザイナーも活躍してい…

浦沢直樹展@世田谷文学館

NHK Eテレで放送中の「漫勉」シリーズが好きで、ときどき見ている。最初の頃、企画した本人である浦沢直樹の仕事現場、そして山下和美の仕事現場を取材していたが、ものすごく面白かった。漫画を描くテクニック的な部分もそうだし、文字通り白紙の状態か…

トーベ・ヤンソン展(新潟)

8月9日の誕生日に合わせて、トーベ・ヤンソンの記事を書きました。 生誕100年を迎えた昨年から、伝記が出たり、映画が公開されたり、トーベ・ヤンソン・ブームが起きています。ムーミンのアニメを見た世代である私もご多分にもれず、ブームにどっぷり浸って…