読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横文字の島

Ile de l'alphabet ~ ある翻訳者の備忘録

ホームズ、ニッポンへ行く:ホームズ万国博覧会 インド篇

「ホームズ、ニッポンへ行く:ホームズ万国博覧会 インド篇」
ヴァスデーヴ・ムルティ著  寺井杏里訳  平山雄一 解説
国書刊行会

ホームズ、ニッポンへ行く: ホームズ万国博覧会 インド篇

ホームズ、ニッポンへ行く: ホームズ万国博覧会 インド篇

 

 
「ホームズ万国博覧会」第2弾は「インド篇」です。
なのになぜ題名は「ニッポン」?

続きを読む
広告を非表示にする

英文履歴書を書く

 先日、英文履歴書を作成することになった。今後もこういうことがあるかもしれないので、メモしておく。

 必ずしもフリーランスに特化したものではないが、英文履歴書の書き方を指南するサイトを参照した(とても助かりました。ありがとうございます!)。

英文履歴書の書き方 - 英文履歴書の添削・作成 | イーレジュメ

日本の履歴書の英訳ではダメ?英文履歴書とはこんなもの - GMO QUICKTRANSLATE says……

続きを読む
広告を非表示にする

ハムレット、東北に立つ

ハムレット、東北に立つ」
下館和巳  国書刊行会

ハムレット、東北に立つ:東北弁シェイクスピア劇団の冒険

ハムレット、東北に立つ:東北弁シェイクスピア劇団の冒険

 

 
 IT分野の翻訳の世界で、英語などの外国語から現地の言語に翻訳することを「ローカライズ」という。

 東北弁で演じる試みは、シェイクスピアローカライズにもっとも成功した例ではなかろうか。


 21世紀に入った今でも、映画や演劇の世界でシェイクスピア作品を見る。英国以外の国、非英語圏の国なら、異文化のものを自国で、自分たちの言葉で演じる難しさを、演出家も役者もひしひしと感じているだろう。

続きを読む
広告を非表示にする